トップ > プロが教えるカーケア道場 > 汚れのメカニズムと落とし方 > 【ブレーキダスト】(ホイールの汚れ)のメカニズムと取り方

【ブレーキダスト】(ホイールの汚れ)のメカニズムと取り方

ブレーキダスト(ホイールの汚れ)被害を徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

ホイール上ではこうなっています

ホイール表面だけに付く汚れ、表面の粉上のブレーキダストは通常の洗車でも取れますが、焼きついてこびり付いてしまったブレーキダストは強い洗剤でも落とせない汚れになります。
ブレーキダストはその名の通りブレーキパッドのダスト等がホイールにこびり付いた汚れの総称です。 粉上の物が表面に付くぐらいなら、簡単に洗車時に落とせるものなのですが、一度焼き付きのようにしてしまうとなかなか取れません。
ブレーキダストには、単にブレーキパッドの粉だけでなくディスクの摩擦で出た粉等も含まれ、ホイールはかなり高温にさらされますので、ボディほどやさしい状態では付着してくれません。 完全に焼きついたような物が付着していたり、錆びた物が付着していたり、油系の物が付着していたりと、実に様々な物質が付着しています。
色々な混合した汚れが付着していますので、色々な液剤を使い分ける必要があったりしますが、大抵どんなブレーキダストも一気に落とせるような液剤も存在はします。 ただ、ブレーキダストを完全除去出来る液剤はかなり強く、プロでも取扱いに熟練を要するものが多いので、一般的には極力悪化する前に除去する方向でカーケアを行うのが良いかと思います。
また、ホイールにも様々な素材があります。 削り出しのホイールから塗装のされているホイール、メッキのホイールまで多種多様です。 素材に合わせた液剤や除去方法を選ばないととんでもない失敗を起こす可能性がありますので注意が必要です。
ホイールは高価な物の割に過酷な環境にあるパーツですので、極力安全な方法で早目に除去する事をおすすめします。

原因は走行時!

ブレーキダストは、主にブレーキパッドやブレーキディスクが摩耗し、ホイールにこびり付いたり焼きついたりするものの総称です。 
ブレーキ機器のむき出しているディスクブレーキの車の方が被害が大きく、密閉された中にブレーキ機器が収められているドラムブレーキの方が被害は少ないと言えます。 また、後輪のブレーキよりも前輪ブレーキの方が負担がかかっているためか、前輪側の方が割合多く付着しています。 それから、付着する要因がブレーキ機器の為、ホイールの形状によって付き方は変わります。 塗装されているもの、されていないもの、メッキ等の素材の違いでも付着の仕方が微妙に違ったします。 ちなみに欧州車のブレーキダストの出方は尋常じゃなく、国産車のダストの出方と比べると一目瞭然です。

ブレーキダストを除去するには

【安全な除去方法を考える】
まずシャンプーで普通に洗ってみて、それで除去できれば一番ですが、なかなかそうはいかないのがブレーキダストです。
こびり付きがひどい場合は、当店商品ですと、酸性クリーナーの「サンストライク」が大変有効で、国産車のホイールから輸入車のホイールまで幅広く、こびり付いたブレーキダスト除去に効果的にご使用頂けます。
ある程度までのこびり付きを除去できるのはアイアンドロップの様な鉄粉除去剤か、スーパーウォッシュのようなマルチクリーナーとなります。 付着している状態によって変わりますので一概には言えませんが、どちらかというと、マルチクリーナー系を使用した方が油汚れにも強いため、若干落としやすいような気がします。

作業は、基本的にホイールに付くキズの事を考えスポンジで行うべきですが、素材やこびり付き具合によっては、筆や柔らかいブラシ系のものを使用した方が効果がより高くなりますので、「どうしても落としたい」等の目的によって使い分けるのが良いのではないでしょうか。
また、ホイールの塗装は傷んでいることが多いので、液剤類に対して弱くなっている場合があります。 いきなりホイール全体に液剤をかける様な事はせず、必ずテストで小さな箇所から初め、液剤は必要な部位のみに使用して下さい。
液剤で落とした後は、ポリッシングリキッドで表面を調整してあげるとより綺麗に仕上がります。

(BMWホイール ブレーキダスト除去作業動画)


(サンストライク作業動画)


アルミホイール油汚れ除去作業動画)

※こちらの動画はすべて無音です。

今後の対策を考える

【極力安全かつ早目に】
解説の項でも申し上げました通り、ホイールは高価な物の割に過酷な環境にあるパーツですので、適切な除去方法を用いて、極力安全な方法で早目にこまめに除去する事で、強固なこびり付きを抑える事が大切です。
最近、ホイール専用のコーティング剤も目に付くようになってきて、ブレーキダスト除去が非常に簡単になってきましたので、それらを使用してブレーキダストの固着を未然に防ぐことも可能になってきました。
ただ、ホイールコーティングは固着を最大限に防ぐことが出来ますが、全く固着しなくなるというわけではありませんので、ボディと同様に、あまりコーティング被膜を過信しすぎないで適度にお手入れする事が大切です。

合わせて読みたい

擦りキズ【表面キズ】のメカニズムと落とし方

擦りキズ【表面キズ】のメカニズムと落とし方

擦りキズ(表面キズ)を徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

代表的なものはドアのアウターハンドル部に付く爪の痕。車は知らぬ間にちょっと擦ったようなキズが蓄積している物です。 写真はドアアウターハンドルの拡大写真ですが、白い車という事もあり爪の痕がよく見えます。キズが付いた当初から黒いスジになるわけではなく、時間が経過すると汚れや水垢が引っかかり、溜まってしまいこういう見え方になります。逆に黒い塗装のお車だと、白っぽい線状のキズに見えます。キズが付いた際に、乱暴な言い方をすると傷口がささくれたような状態になり、黒い塗装の場合には白っぽく見えます。白い塗装の場合は、キズの状態ではそんなに目立ちませんが、汚れてくると写真のように浮き出てきます。爪が当たりがちなアウターハンドル部分のみならず、車をぐるり見て回ると大抵あちこちに付いているもので、記憶のない何かしらで擦ったようなキズが入っていて頭を抱えることもあるでしょう。ただ、塗装が完全に削られていない場合(鉄板や下塗りまで出てない)はほとんど目立たなくする事は割と簡単に出来ます。少なくとも写真のような程度ならば、ほぼ黒いスジは見えなくしてしまえるでしょう。また、イメージ図にありますように、軽い接触等で相手側の色が付いたり、擦った痕が付く事があると思います。 この場合も塗装が完全に削られてさえなければ、ある程度除去できます。

【虫の死骸】固着のメカニズムと取り方

【虫の死骸】固着のメカニズムと取り方

虫の死骸の固着を徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

特に夏場の夜走行すると、次々と虫がアタックしてきます。そのまま放置すると固着し、塗装をも侵してしまいます。 虫の死骸が塗装面に付着したまま長時間放置してしまうと、体液が塗装面に浸透して変色させたり浸食したりします。 おまけに、虫の死骸のタンパク質が固着してサッと洗っただけでは取れない状況なってしまい、残った虫の死骸が、より塗装を浸食させるケースも多々あります。 付着後すぐに洗い流せば簡単に取れるものなのですが、なかなかそうもいかない場合も多く、残したまま放置しがちになってしまいます。 あまり長期間放置しすぎて塗装を浸食し放題にすると、付着していた部分の塗装が割れたりして、まさに虫食い状態になる事もあります。また、虫の死骸の被害も、長期間になればコーティング被膜でもあまり効果がないので、できるだけ早く落としてあげた方が良いかと思います。

【ピッチ・タール】のメカニズムと落とし方

【ピッチ・タール】のメカニズムと落とし方

ピッチ・タール被害を徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

アスファルトの破片等がくっ付いてしまったピッチ・タール。爪で除去を試みたりすると、伸びて余計に目立ってしまうこともあります。ピッチ・タールは、主に車輌の下の方に付着し、白い塗装の車に付着するとこげ茶色の点々が無数に目視できます。鉄粉と色がよく似ているので、小さなものは肉眼では大きめの鉄粉と見分けにくいですが、付着するメカニズムや付着している状態が鉄粉とは全く異なります。 鉄粉がボディの上面中心に付着するのに対して、ピッチ・タールは下廻りに付着します。 タイヤで跳ね上げられた物質が付着しますので、基本的には上面にはほとんどないと言っても良いでしょう。 また付着している状態も鉄粉とは全く異なり、鉄粉が鉄の粉が酸化して塗装に食い込んでいるのに対して、ピッチ・タールはボディ面にガッチリ引っ付いているような付着をしています。 イメージで言えば、固い小さなガムがベチョっと引っ付いているような感じです。塗装に食い込んでしまっている分けではないので、鉄粉とは違いピッチ・タールそのものを溶かしてあげれば綺麗さっぱり取れるものがほとんどです。ただ、稀に茶色い染みを残す場合もあります。 一度染みが付いてしまうと少々の研磨でも取れないことが多々ありますので、特に白系のお車ならば早目に除去してあげる方が良いでしょう。