トップ > プロが教えるカーケア道場 > 汚れのメカニズムと落とし方 > 【水垢付着】のメカニズムと落とし方

【水垢付着】のメカニズムと落とし方

水垢被害を徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

塗装上ではこうなっています

白い車に特に目立つ黒いスジ。
実はその原因のほとんどは、気付かぬ間にわざわざ付けているのはご存知でしょうか?
一般的に車に付着する水垢と呼ばれるものは、塗装面に塗布されたWAXや油分が熱によって溶けて汚れを吸収してしまった物や、ドア廻りや、ミラーの付け根などからグリース等がしみだしボディにこびり付いたものです。 つまり、水垢とは水の汚れ・垢ではなく、汚れた油とワックスが黒くボディ面にこびり付いたものの事(油膜汚れ)を指します。
WAXやコーティングにも色々な種類の素材を使用して製造されていて、塗装への密着状態は千差万別なのですが、ごく一般的なWAXやコーティングとしてご説明致します。 WAXやコーティング剤は、通常塗装面に施工されると半液体状で塗装に付着して艶と撥水性を保持しています。いわゆる油膜のような形で保護膜を形成し、その効果を保持しています。
その液剤により差はありますが、大体半月くらいで、液剤を形成している溶剤分が蒸発します。 その後に残った成分は、WAXやコーティング剤本来の機能を果たすことが出来ずに、大気中の汚れや排ガスなどの汚染物質が吸着し、やがて雨が降った時にそれらが流れ出し、塗装にこびり付いてしまいます。
これが水垢の主な発生過程と言えます。

原因は保護膜(WAXやコーティング)を含む油膜成分!

水垢の原因はWAXやコーティング剤、また雨や大気中に含まれる油分がボディに吸着し、それが劣化したものです。 WAXやコーティングは、通常水垢の防止を目的に施工することも多いかと思いますが、これら保護膜の油膜がお粗末なものだと、早い段階で保護膜自体が変質(劣化)してしまい、かえって逆効果になるケースもあります。 多少こびり付いても次にWAXやコーティングかけた際に大抵は除去出来るのですが、また水垢の原因をわざわざ付けているような物なので、いたちごっこになってしまいます。
こういったケースから、水垢の原因は大気中や雨のみが原因じゃなく、わざわざ原因を作っている可能性もある、という事は覚えておきたいところです。
しかしWAXでもコーティング剤でも、すべてがすぐに劣化するものではなく、質の良い液剤は存在しますので、保護剤をよく吟味して施工し、適度なメンテナンスやクリーニングを行うだけで、水垢の悩みはほぼ解消されます。
しかし、油膜はいずれ必ず劣化します。 WAXやコーティング剤の性能を過信し過ぎずにカーケアを行うのが一番重要なのだと思います。

水垢を除去するには

【分解除去と研磨除去】
水垢のこびり付きは油膜が劣化し、こびり付いたものです。  除去方法として2通りあり、分解除去と研磨除去です。
研磨除去は、相手がもともと柔らかい油膜なのでポリッシングリキッド類でちょっと磨いてやれば簡単に取れます。 また、水垢除去程度ですと、クリーナー入りのWAX等でも代用は可能ですが、また水垢の原因になる可能性もありますので、最後に落とす必要があるかもしれません。
分解除去は、水垢も分解できるような洗剤で洗車します。 水垢が軽度の場合は洗車のついでにこちらを試す方が簡単かもしれません。
しかし、ある程度重度の水垢になってくると、分解と研磨との二段構えで臨む方が綺麗になります。 車全体に強烈に水垢がこびり付いている場合、車全体の水垢をすべて手で取り去ってしまうのはなかなか骨が折れる作業です。 先に水垢を洗剤で分解すると後の作業が楽になります。 しかし、大抵強烈に水垢がこびり付いているている場合は、塗装の表面も若干侵しています。 洗剤で分解すると水垢が取れて残った塗装はボケている事が多いため、それを調整する意味でポリッシングリキッドで軽く磨くと艶も出て、綺麗になります。

今後の対策を考える

【まず、いたちごっこを避ける】
WAXで水垢を除去しながら水垢の原因をさらに塗布するのは避けましょう。 全てのWAX・コーティング液剤が、すぐに劣化するわけではありませんので、よく吟味してご使用いただくのが良いかと思います。油膜はいずれ必ず劣化しますので、WAXやコーティング剤の性能を過信し過ぎずに、適度なメンテナンスを行いながらカーケアを行うのが一番重要、かつ車を一番綺麗に維持出来る方法です。

関連商品

合わせて読みたい

【虫の死骸】固着のメカニズムと取り方

【虫の死骸】固着のメカニズムと取り方

虫の死骸の固着を徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

特に夏場の夜走行すると、次々と虫がアタックしてきます。そのまま放置すると固着し、塗装をも侵してしまいます。 虫の死骸が塗装面に付着したまま長時間放置してしまうと、体液が塗装面に浸透して変色させたり浸食したりします。 おまけに、虫の死骸のタンパク質が固着してサッと洗っただけでは取れない状況なってしまい、残った虫の死骸が、より塗装を浸食させるケースも多々あります。 付着後すぐに洗い流せば簡単に取れるものなのですが、なかなかそうもいかない場合も多く、残したまま放置しがちになってしまいます。 あまり長期間放置しすぎて塗装を浸食し放題にすると、付着していた部分の塗装が割れたりして、まさに虫食い状態になる事もあります。また、虫の死骸の被害も、長期間になればコーティング被膜でもあまり効果がないので、できるだけ早く落としてあげた方が良いかと思います。

【樹脂劣化】のメカニズムと修復方法

【樹脂劣化】のメカニズムと修復方法

樹脂劣化を徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

無塗装の樹脂類は、古くなると表面に艶がなくなりボケてきます。 塗装とは違い劣化スピードは早目です。輸入車や商用車等によく使われている未塗装の樹脂パーツは、表面に塗装されていいないということもあり劣化が思いのほか早い段階から起こってきます。 未塗装樹脂が使用されているパーツは車によってまちまちですが、バンパーが丸ごと未塗装樹脂だったり、バンパーやドアの真ん中あたりのモールが未塗装樹脂だったりします。 表面は、シボ模様(小さい凸凹模様)の物も多いですが、艶消しの表面をしているものもあります。 これらのパーツが多く使われている車両は、樹脂パーツが劣化してくると車自体も劣化してきたように見えてしまい締まりなく見えてしまいます。  また、劣化の進行度合いにもよりますが、最終的には表面がボロボロと粉をふいたようになってしまい、塗装で言うところのチョーキングのようになります。 劣化が進行してくると、塗装がない分磨くわけにはいかず、コーティング剤で綺麗に見せるような補修方法になります。 劣化とは異なりますが、樹脂パーツはシボ模様の物が多く使われており、よくWAXやコーティング剤をシボの凸凹の隙間に詰めているのをよく見かけます。 これも車が締まりなく見える原因になりますので、放置せずに着いたらすぐ取るようにするのが良いかと思います。

車両の【細部の汚れ】のメカニズムと落とし方

車両の【細部の汚れ】のメカニズムと落とし方

車両の細部の汚れを徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

パーツとパーツの間等の隙間は、洗車時等に常に奥までなかなか洗えず汚れが溜まりがちになりや水箇所です。 ここには汚れだけではなく、緑色のコケが生えることもあります。車には無数のパーツが付いていて、各パーツのつなぎ目や貼り付けの隙間などに汚れがよく固着しています。 具体的に言うと、ドアのアウターハンドル周りやバンパーのつなぎ目、ドアサイドモールや水切りモール、エンブレム周り等数え上げればきりがありませんがこれらの隙間という隙間に汚れが溜まっていきます。 新車時にはこれらの汚れは全くなく、使用していると徐々に蓄積してきます。 あまりに長期間、汚れが蓄積する状態が続くと写真のようにコケが生える事さえあります。 また、隙間に汚れが詰まっている状態ならばすぐ取れますが、頑固にこびり付いてしまうと少々除去作業を行ったくらいでは取れなくなってしまいます。 お車の色によって見え方も違いますが、これらが付着していると車がいくら艶やかでもシャープに見えません。 プロもここを必ず気に掛ける要所でもあります。