トップ > カーケア商品一覧 > 樹脂パーツ・ホイール用 コーティング

樹脂パーツ・ホイール用 コーティング 一覧

4
並び替え: おすすめ順価格順新着順
グロスマックス 30mlセット (樹脂パーツ・ホイールコーティングセット)

グロスマックス 30mlセット (樹脂パー..

樹脂パーツ・ホイールコーティングのグロスマックスが効率よく施工できます。
切って使える塗布用のスポンジに、拭き取り用の専用クロスとも言えるマルチクロスコンパクトがセットになって登場!
¥1,980 (税込)
 詳細ページへ
グロスマックス 50mlセット (樹脂パーツ・ホイールコーティングセット)

グロスマックス 50mlセット (樹脂パー..

樹脂パーツ・ホイールコーティングのグロスマックスが効率よく施工できます。
切って使える塗布用のスポンジに、拭き取り用の専用クロスとも言えるマルチクロスコンパクトがセットになって登場!
¥2,550 (税込)
 詳細ページへ
グロスマックス 30ml (樹脂パーツ・ホイール用コーティング)

グロスマックス 30ml (樹脂パーツ・ホ..

樹脂パーツやホイールを、ガラスの被膜でコーティング。
白くなってしまった樹脂パーツも、濡れたような深みのある光沢に甦らせます。
¥1,730 (税込)
 詳細ページへ
グロスマックス 50ml (樹脂パーツ・ホイール用コーティング)

グロスマックス 50ml (樹脂パーツ・ホ..

樹脂パーツやホイールを、ガラスの被膜でコーティング。
白くなってしまった樹脂パーツも、濡れたような深みのある光沢に甦らせます。
¥2,160 (税込)
 詳細ページへ

樹脂パーツ・ホイール用コーティング剤の選び方

樹脂パーツ・ホイール用コーティング剤の選び方

従来からあるモールに光沢を出す液剤と言えば、レザーワックスのようなシリコンオイルを塗って光沢を出す手法が一般的でした。
この方法だと大変塗り易く、塗った当初は艶やかで濡れたような状態になりますが、液体である油をそのまま塗っている状態になりますのですぐに落ちてしまいます。 そこで今現在主流になってきているのが、硬化型のモールコーティング剤です。 硬化型のモールコーティング剤の特徴として、コーティング剤をモールに塗布した際に濡れたような状態になり、更にその状態を維持したまま個体へと硬化します。
塗布した表面で完全硬化しますので、自然に取れてしまうことはなく長期間その状態をキープすることが出来ます。
液剤を選ぶポイントとして、まずその素材にあります。 塗布した状態で硬化すると言うことは、すぐに劣化する物質で構成されているのでは話しになりません。
塗装面と違い、一度塗布すると研磨除去することが困難になるため、劣化の起こりやすい樹脂系や油脂系の液剤やではなく、長期間変色や変質の起こらないガラス系の被膜でコーティングする必要があります。 素材としてはガラス被膜を作れる専用コーティング剤であればまず問題ないのではないでしょうか。
もう一つのポイントとして、塗るのが簡単であることが重要です。 上記してあります通り、塗布した後液剤を硬化させてしまうと除去するのが困難になります。 粘度が高い液剤や、乾燥が早い液剤は、塗っているうちに乾いてきた等の現象が起こったりして、塗布そのものの難易度が上がってしまう可能性があるため、失敗の恐れがあり、お勧めできません。 粘度が低い、適度な乾燥時間を持った塗るのが簡単な液剤を使用するのがベストと言えます。 また、ガラス被膜のこういったタイプのコーティング剤は、ホイールにもしっかり定着し、抜群の光沢と防汚性能を発揮します。
エバーグレイスのグロスマックスは、シロキサンタイプのガラスコーティング剤で形成されていますので、モールや樹脂パーツの艶出し・防汚性能はもちろん、ホイールにも抜群の効果を発揮するコーティング剤です。

その他、ボディ面に付いたキズ・汚れ・様々なダメージのメカニズムや修復の方法・対策をカーケア道場にて詳しく解説しています。
大切なお車のカーケアライフに是非お役立てください。