トップ > プロが教えるカーケア道場 > 汚れのメカニズムと落とし方 > 【ウォータースポット・イオンデポジット】付着のメカニズムと取り方

【ウォータースポット・イオンデポジット】付着のメカニズムと取り方

ウォータースポット・イオンデポジット付着を徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

塗装上ではこうなっています 【イオンデポジット】

水が乾いた痕が洗車しても全く取れないウォータースポット・イオンデポジット。
一度付着するとさらにダメージが進行する厄介者です。

ちなみにウォータースポットは総称です。 平たく言うと水の痕なのですが、その状態によって付着しているだけの時もあったり、凹んでいる時があったり様々です。
まず付着しているだけの物はイオンデポジットとか呼ばれ、ボディ面に付いた水が蒸発した際に水の中に含まれる成分(様々なイオン分等)が残った残留物。 一応、上の画像とイラストが、イオンデポジットのイメージ図となります。 その残留物が水のあった場所にクッキリと痕を残してこびり付くとイオンデポジットになります。 雨が降ったりした後に水が乾くのは、車両を使用する上でどうしようもないことですが、大抵は普通に雨が蒸発しただけではそんなにひどい状況までなる事は少ないです。
ですが、雨の水分中に含まれるイオン分等の含有量が多かったりした際に、一気に高温で焼かれたりするとガッチリこびり付くことが多いようです。 水分中の成分と、高温がキーポイントとなりイオンデポジットが付着しやすい状況になります。 一般的に雨よりも水道水の方付きやすく、水道水よりも井戸水の方が付きやすいです。 お家のお風呂場や水回りをご覧いただくと分かるのですが、普段水分を拭く事が少ない場所は結構イオンデポジットが付いていると思います。 また、ボディ面が高温になりやすい白い車より黒い車の方が付着率は高くなります。 後、黒い車はイオンデポジットが見えやすくもあります。
これらを考えた時に、夏場の黒い車の洗車時などは結構付着確率が高いと言えます。 夏場の洗車後に炎天下の下で自然乾燥などをやってしまうと大抵一撃で付きます。
それでも、これは初期の段階でこれが進行してくるとなかなか厄介になります。 一度ガッチリ付着してしまうとイオンデポジットのダムが出来、次の機会に水が付いた時には必ずそこに溜まるようになってしまいます。 そしてさらに高くて丈夫なダムを蓄積していき段々と進行してきます。
ちなみに、付着してしまうと軽い物ならば洗車で落とすことも可能ですが、完全に焼けてこびり付いてしまうと普通の洗剤では落ちません。

塗装上ではこうなっています 【クレーター】

イオンデポジットが進行してくると次はこちらの形になります。 上の左側の写真は少し見づらいのですがイオンデポジットが進行してきて、塗装表面がクレーター状になってしまった状態です。 上の右がイメージ図ですが、一度イオンデポジットが付着してしまうと、次からイオンデポジットの内側に水がたまるようになり、どんどん浸食されていきます。 
毎回必ずそこで水が蒸発するわけですから、他の部分に比べるとそこだけ局所的に熱が加わりやすく、水蒸気や凝縮されたイオン分等の影響を受け、塗装が収縮したようになり縮んでいきます。 また、酸性雨の影響もそこだけ局所的に被害が大きくなり、ひどくなると陥没したクレーター状になってしまいます。 これをさらに進行させると、塗装に割れが生じたりして取り返しがつかなくなってしまい、再塗装しか手がなくなってしまいます。

ウォータースポット・イオンデポジットの原因は様々なイオン成分!

そもそもの原因は、すべてボディ面で乾く水分中の成分が原因です。 まず、軽くイオンデポジットが付着し、そして蓄積していき、やがてイオンデポジットが進行してボディ表面が凸凹のクレーター上になったウォータースポットになります。
雨であったり水道水であったり、井戸水であったり、車のボディに付く身近な水は純水ではないので、すべて何らかのイオン分を含んでいるものです。 また、ボディの表面温度が高くなる黒系の色ほど水が乾きやすく付着確率は多くなります。
それから、ボディ面に付いた水が、溜まった位置から動かないで乾いた時に付着しやすく、常に乗られているお車よりも、常に置いてあるお車の方が付着しやすいと言えます。 ちなみに、水にイオン分が含まれていなくても、ボディ側に既に埃や汚れとしてイオン分が乗ってある場合は、当然ながら付着する可能性はあります。
状況や環境で付着するプロセスや現象も様々ですが、これらはすべて水分中や空気中のイオン分が原因と言えるでしょう。
ちなみに付着する場所は、ガラス・ボディ・モール等場所を問わず付着し、もちろんコーティング被膜の上にも乗ります。
また、撥水性コーティング・親水性コーティング、共に付着条件は同じですが、どちらかと言うと撥水性の方が水玉になりますので、見えやすくはなります。 ことウォータースポットの付着においては、完全親水性なら良いのですが、中間的な弾きをするコーティングではあまり撥水性のコーティングと比べて大差ないように思いますので、お好みの水弾きを選ばれた方が良いかと思います。 また、状況によってですが、普段乗られるお車なら若干の水弾きはあった方が、水が留まらずに良い方向に出る場合もあります。
後、ウォータースポットの原因、よく耳にする、水滴がレンズ効果で云々というのは、ごく一部の稀な状況で、基本的には上記のようなメカニズムで付着します。

ウォータースポット・イオンデポジットを除去するには

【分解除去か磨いて取るか】
ウォータースポットの除去方法として、ウォータースポット除去剤での除去、ポリッシングリキッドで磨いて除去、の2通りの方法があります。
程度にもよりますが、軽度のイオンデポジット状態だと、ウォータスポット除去剤で分解除去した方がボディを擦らずに除去できるため、より楽にやさしく除去出来ます。  ある程度蓄積した状態だと分解しきれないケースもあるため、何度か除去剤で分解した後、ポリッシングリキッドにて磨くという二段構えで臨めばより確実に除去できるのではないでしょうか。
クレーター状態まで進行してしまうと、表面の突起している部分は除去剤やポリッシングリキッドで取れますが、クレーター部分はポリッシングリキッドでないと取れません。 要は、凹んだ部分は磨いて取ってしまわないといけないわけですが、手磨きでクレーターを取ってしまうのは至難の業かもしれません。 それでも突起している部分のデポジットの除去と、クレーター部分を多少ましにするだけで、見映えはかなり変わってくるでしょう。

(ウォータースポット除去剤での除去作業)

※ こちらの動画は無音です。

今後の対策を考える

【極力付着させない方向へ】
付着を完全に未然に防いでしまうのは状況により至難の業なので、もし付着したら軽度の状態で処理をしてしまうことが何よりの防止対策になります。
極力洗車等の頻度を増やし、洗車時の水分をしっかりと拭きとって(かけた水を乾かさない)イオンデポジットの付着を可能な限り防ぐ。
ボディ面をカラカラの状態にしない事が重要。 油性の成分を含むコーティング皮膜はウォータースポットの効果的な保護被膜になります。 保護膜の持久力自体はそんなに高くない物が多いのですが、メンテナンス用のトリートメント等がこれにあたり、適度な掛け替えが大変有効です。
一番良くないのは、メンテナンスフリーのようになっているコーティング加工のボディ面を何もしないでカラカラの状態にすることです。 耐久性の高い、ガラス系のコーティングを施工したお車にこういう現象が多く、必ずしも長期間のコーティング持続=付着物防止とはならず、付着物にはそれ用の対策が必要、という認識を持つことが大切なのかもしれません。

合わせて読みたい

経年劣化【塗装劣化】のメカニズムと直し方

経年劣化【塗装劣化】のメカニズムと直し方

経年劣化(塗装劣化)を徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

塗装面も時間の経過とともに徐々に劣化してきます。劣化が進行し過ぎると、修復には再塗装しかないような状態にもなってしまいます。 塗装そのものは、その塗装によって丈夫な塗装、弱い塗装色々ありますが、様々な要因で徐々にでも経年劣化を起こしてきます。 一言で経年劣化(塗装劣化)と言っても色んな状態があり、表面のその状態が単なるスクラッチキズの蓄積なのか塗装の劣化した層の部分なのか、大抵は両方がある場合がほとんどでなかなか見分けにくいものです。 基本的にはイメージとして上のイラストのような感じなので、プロが磨き作業する場合は、劣化した色の薄くなった部分とスクラッチキズを一緒に磨いて除去するイメージで作業します。上の写真と断面イメージはまだ割と初期の段階と言えますが、放っておいてどんどん進行させると塗装剥離(塗装が剥がれてしまう)やクラック(塗装の割れ)を起こしてしまい、取り返しがつかなくなってしまいます。 劣化が進み過ぎて、塗装剥離やクラックを起こした場合には再塗装しか手がなくなってしまいます。 その場合の塗装作業も通常の塗装とは違い、古くなって劣化した塗装を一旦剥がしてしまってから再塗装を行わないと、またすぐに劣化したり、塗料が密着せずに剥がれたりします。したがって、劣化塗装の塗り替えは必要以上に手間と時間がかかるために、通常の鈑金塗装作業よりもかなり高額になる事も多くあります。 また、一部分がそういう症状になっているという事は、特殊な場合を除いてはかなり広範囲に及んでいることが多く、それもまた修理費用がかさんでくる要因になります。また、クリア塗装が剥離してしまう前の段階では、薄ら白っぽい膜を張ったような状態になり、やがて進行するとポロポロとクリア塗装が剥がれてきます。 白っぽい膜を張ったような状態になってしまうと既に手遅れの場合がほとんどです。ただ、最近の車の塗装は性能も良くなっており、すぐ劣化してしまうという事はあまりないのですが、油断しないでカーケアメンテナンスを行う事が大切ではないかと思います。

【樹脂劣化】のメカニズムと修復方法

【樹脂劣化】のメカニズムと修復方法

樹脂劣化を徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

無塗装の樹脂類は、古くなると表面に艶がなくなりボケてきます。 塗装とは違い劣化スピードは早目です。輸入車や商用車等によく使われている未塗装の樹脂パーツは、表面に塗装されていいないということもあり劣化が思いのほか早い段階から起こってきます。 未塗装樹脂が使用されているパーツは車によってまちまちですが、バンパーが丸ごと未塗装樹脂だったり、バンパーやドアの真ん中あたりのモールが未塗装樹脂だったりします。 表面は、シボ模様(小さい凸凹模様)の物も多いですが、艶消しの表面をしているものもあります。 これらのパーツが多く使われている車両は、樹脂パーツが劣化してくると車自体も劣化してきたように見えてしまい締まりなく見えてしまいます。  また、劣化の進行度合いにもよりますが、最終的には表面がボロボロと粉をふいたようになってしまい、塗装で言うところのチョーキングのようになります。 劣化が進行してくると、塗装がない分磨くわけにはいかず、コーティング剤で綺麗に見せるような補修方法になります。 劣化とは異なりますが、樹脂パーツはシボ模様の物が多く使われており、よくWAXやコーティング剤をシボの凸凹の隙間に詰めているのをよく見かけます。 これも車が締まりなく見える原因になりますので、放置せずに着いたらすぐ取るようにするのが良いかと思います。