トップ > プロが教えるカーケア道場 > 汚れのメカニズムと落とし方 > 【鉄粉】付着のメカニズムと取り方

【鉄粉】付着のメカニズムと取り方

鉄粉付着を徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

塗装上ではこうなっています

洗車して汚れを落としたはずなのにザラザラする鉄粉。
白系の塗装に付くと茶色い粒が見えるほどになる場合もあります。

上の左の画像はボディ面にびっしり付着した鉄粉を、鉄粉除去剤にて除去しているう様子です。鉄粉が除去剤に反応して紫色に溶解しているのが分かります。 右のイラストが鉄粉付着のイメージ図となります。
洗車して汚れを落としたはずなのにザラザラする鉄粉。  白系の塗装に付くと粒が茶色のため、目視で茶色い点が見えるほどになる場合もあります。
鉄粉が塗装に刺さった状態というのは、酸化鉄が塗装表面にくい込んだ状態の事を指します。 その刺さり具合は、状態によって様々で、表面にこびり付いただけの状態から、深くまでくい込んだ状態までバラバラです。
イメージ図の右の方の酸化していない鉄粉の場合は、上に乗っているだけなので引っ付くことはないのですが、酸化してくると(錆びてくると)引っ付いたりくい込んだりします。 
初めは小さな鉄の粉がボディ面に乗っただけの状態ですが、それが時間の経過とともに錆びてくい込むのが鉄粉付着のメカニズムです。 その付着するメカニズム上、錆びるまでの時間は必要なので、上を向いている面(ボンネット・屋根・トランク等)よりは、車両のサイド面(ドアやフェンダー辺り)や下廻りにはどちらかというと付きにくい傾向にあります。 サイド面や下廻りは錆びる前の鉄の粉が滞在しにくく、逆に上を向いている面は鉄の粉がその場に留まりやすいのでこういう傾向になります。
鉄粉が刺さる、とよく言いますが、厳密に言うと空中にある鋭利な鉄粉が直接ボディに刺さるのではなく、ボディに粉の状態で乗った後、錆びて引っ付くという事になります。
付着してしまうと、自然に取れることはほとんどなく、撤去作業が必要になります。
また、どんなコーティングを施工していても鉄粉は一番上に付着するものなので、コーティング施工の有無に限らず付着します。

原因は空気中に舞う鉄の粉!

鉄粉の付着する要因は、ボディに乗る鉄の粉が原因です。 その鉄の粉が付く環境があればどこでも付着します。
空気中の鉄粉の発生源は、車のブレーキダストや鉄道のレールの粉、工場のばい煙や鉄工所、実に様々です。 特に鉄道の近く、工場や鉄工所の近くは鉄粉の量も多く、油断しているとボディ面がサメ肌のようにザラザラになっている事もあります。 また、鉄粉が蓄積した状態では、洗車してもクロスが滑らず水が拭き取れない程になります。
量は少なくても、大体どんなお車にも付着しているもので、洗車してもザラザラが取れないため、あまり気持ちの良い物ではありません。 量が少なければ、多少付着していても塗装に対してどうこうありませんが、一度手に触るブツブツが気になりだすと、気になってしょうがなくなってしまいます。
また、大きい鉄粉を抜いた後には、塗装に小さなピンホールのような穴が開くこともあります。 どちらにせよ、量や大きさに関わらず、付着したら出来るだけ早い段階で除去してあげるのが一番良いのではないでしょうか。

鉄粉を除去するには

【付着している量と大きさによって分ける】
鉄粉の除去方法として、鉄粉除去剤での除去、トラップネンドを使用しての除去、の2通りの方法があります。
鉄粉除去剤は、液剤で分解するタイプの除去方法なので軽度の鉄粉には効果的ですが、量が多かったり、粒が大きかったりすると除去しきれなかったり、時間がかかってしまうため不向きです。 そういった場合には、ネンドでの除去が早くて効果も高いと言えます。 ただ、ネンドでの鉄粉除去は、ボディ面をネンドで擦る必要があり、使い方を誤るとスクラッチキズを入れてしまう可能性もあります。 ネンドを使用する際には、水を流しながら力を入れずにボディ面を滑らせるように除去すると、極力キズを抑えられます。
また、冬場はネンドが固くなってしまいがちなので、ネンドをお湯に入れて温めてから使用すると軟らかい状態で使用できます。 ちなみに、鉄粉除去剤を流さずにそのまま上からネンドをかけてしまうとネンドが溶け出してしまいますのでお勧めしません。
ネンドで除去した後は、ポリッシングリキッドでボディ面を調整してやると、スベスベのより良い状態になります。

今後の対策を考える

【出来るだけ酸化しないうちに】
何より一番の鉄粉付着の防止方法は、鉄粉の飛散を極力避けられる環境を作ることですが、現実問題なかなか難しい場合が多いかと思います。
ただ、例えばボディカバーの使用等の環境面において出来ることを行うことで物理的に付着する鉄粉は劇的に軽減できます。また、どんなボディコーティングを施工していても鉄粉は一番上に付着するものなので、ボディコーティング施工の有無に限らず付着します。
極力洗車等の頻度を増やし、できるだけ鉄粉が酸化して錆びてしまわないうちに落としてしまう。
付着物系のボディダメージ全般に言えることですが、どう頑張っても付着物は気が付けば付着しているものなので、出来るだけ軽度の状態で除去するのが何よりベストです。

合わせて読みたい

経年劣化【塗装劣化】のメカニズムと直し方

経年劣化【塗装劣化】のメカニズムと直し方

経年劣化(塗装劣化)を徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

塗装面も時間の経過とともに徐々に劣化してきます。劣化が進行し過ぎると、修復には再塗装しかないような状態にもなってしまいます。 塗装そのものは、その塗装によって丈夫な塗装、弱い塗装色々ありますが、様々な要因で徐々にでも経年劣化を起こしてきます。 一言で経年劣化(塗装劣化)と言っても色んな状態があり、表面のその状態が単なるスクラッチキズの蓄積なのか塗装の劣化した層の部分なのか、大抵は両方がある場合がほとんどでなかなか見分けにくいものです。 基本的にはイメージとして上のイラストのような感じなので、プロが磨き作業する場合は、劣化した色の薄くなった部分とスクラッチキズを一緒に磨いて除去するイメージで作業します。上の写真と断面イメージはまだ割と初期の段階と言えますが、放っておいてどんどん進行させると塗装剥離(塗装が剥がれてしまう)やクラック(塗装の割れ)を起こしてしまい、取り返しがつかなくなってしまいます。 劣化が進み過ぎて、塗装剥離やクラックを起こした場合には再塗装しか手がなくなってしまいます。 その場合の塗装作業も通常の塗装とは違い、古くなって劣化した塗装を一旦剥がしてしまってから再塗装を行わないと、またすぐに劣化したり、塗料が密着せずに剥がれたりします。したがって、劣化塗装の塗り替えは必要以上に手間と時間がかかるために、通常の鈑金塗装作業よりもかなり高額になる事も多くあります。 また、一部分がそういう症状になっているという事は、特殊な場合を除いてはかなり広範囲に及んでいることが多く、それもまた修理費用がかさんでくる要因になります。また、クリア塗装が剥離してしまう前の段階では、薄ら白っぽい膜を張ったような状態になり、やがて進行するとポロポロとクリア塗装が剥がれてきます。 白っぽい膜を張ったような状態になってしまうと既に手遅れの場合がほとんどです。ただ、最近の車の塗装は性能も良くなっており、すぐ劣化してしまうという事はあまりないのですが、油断しないでカーケアメンテナンスを行う事が大切ではないかと思います。

【樹脂劣化】のメカニズムと修復方法

【樹脂劣化】のメカニズムと修復方法

樹脂劣化を徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

無塗装の樹脂類は、古くなると表面に艶がなくなりボケてきます。 塗装とは違い劣化スピードは早目です。輸入車や商用車等によく使われている未塗装の樹脂パーツは、表面に塗装されていいないということもあり劣化が思いのほか早い段階から起こってきます。 未塗装樹脂が使用されているパーツは車によってまちまちですが、バンパーが丸ごと未塗装樹脂だったり、バンパーやドアの真ん中あたりのモールが未塗装樹脂だったりします。 表面は、シボ模様(小さい凸凹模様)の物も多いですが、艶消しの表面をしているものもあります。 これらのパーツが多く使われている車両は、樹脂パーツが劣化してくると車自体も劣化してきたように見えてしまい締まりなく見えてしまいます。  また、劣化の進行度合いにもよりますが、最終的には表面がボロボロと粉をふいたようになってしまい、塗装で言うところのチョーキングのようになります。 劣化が進行してくると、塗装がない分磨くわけにはいかず、コーティング剤で綺麗に見せるような補修方法になります。 劣化とは異なりますが、樹脂パーツはシボ模様の物が多く使われており、よくWAXやコーティング剤をシボの凸凹の隙間に詰めているのをよく見かけます。 これも車が締まりなく見える原因になりますので、放置せずに着いたらすぐ取るようにするのが良いかと思います。

車両の【細部の汚れ】のメカニズムと落とし方

車両の【細部の汚れ】のメカニズムと落とし方

車両の細部の汚れを徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

パーツとパーツの間等の隙間は、洗車時等に常に奥までなかなか洗えず汚れが溜まりがちになりや水箇所です。 ここには汚れだけではなく、緑色のコケが生えることもあります。車には無数のパーツが付いていて、各パーツのつなぎ目や貼り付けの隙間などに汚れがよく固着しています。 具体的に言うと、ドアのアウターハンドル周りやバンパーのつなぎ目、ドアサイドモールや水切りモール、エンブレム周り等数え上げればきりがありませんがこれらの隙間という隙間に汚れが溜まっていきます。 新車時にはこれらの汚れは全くなく、使用していると徐々に蓄積してきます。 あまりに長期間、汚れが蓄積する状態が続くと写真のようにコケが生える事さえあります。 また、隙間に汚れが詰まっている状態ならばすぐ取れますが、頑固にこびり付いてしまうと少々除去作業を行ったくらいでは取れなくなってしまいます。 お車の色によって見え方も違いますが、これらが付着していると車がいくら艶やかでもシャープに見えません。 プロもここを必ず気に掛ける要所でもあります。