トップ > プロが教えるカーケア道場 > プロの洗車 > シャンプー洗車の方法! [洗車基本編]

シャンプー洗車の方法! [洗車基本編]

洗車のスタンダードとも言えるシャンプー洗車とは? [シャンプー洗車方法]

シャンプー洗車とは読んで字のごとく全くそのまま、「シャンプーで洗う洗車の事」です。 ここで言うシャンプーとは車のボディを洗うボディーシャンプーの事を指します。
左の画像の様に泡立てたシャンプーの泡をスポンジに十分取り、泡でボディを洗車します。
洗車用の洗剤を使った洗車方法なので、水洗いでは落ちなかった油汚れや泥汚れをより浮かせやすくなり、汚れを簡単に落としやすくなります。
コイン洗車場等では、高圧洗浄→シャンプ洗車→高圧洗浄→拭き上げ、といった具合の流れで、こちらの洗車方法を取り入れていらっしゃる方が多いかと思います。

シャンプー洗車に準備する洗車アイテム [シャンプー洗車用品] ①

【シャワーノズル】
洗車には水流をシャワーノズルで直噴になったりシャワーに変えられたり水を止めたりと何かと便利でお奨めです。
コイン洗車場等で洗車をする場合は、シャワーノズルはないですが、高圧洗浄機等の専門の道具が揃っていると思います。
【バケツ】
カーシャンプーを希釈する、クロス等を洗う等々、洗車には切っても切れない必需品です。 カーショップ等でしっかりとした洗車用のバケツも販売されていますが、百均等のバケツでも十分事足ります。
コイン洗車場等では共同のバケツが置いてあったりします。

【洗車用シャンプー】
ボディに付いた油系の汚れを落とします。
カーショップ等には様々な種類の洗車用シャンプーが販売されており、「ワックス入り」「水垢取り入り」の洗車用シャンプーもあります。
基本的には、こういった成分の含まれていない通常の洗剤をお選び頂く方が失敗がありません。
推奨アイテム:【クリーンシャンプー

シャンプー洗車に準備する洗車アイテム [シャンプー洗車用品] ②

【洗車用スポンジ】
シャンプー洗い時の必需品です。
スポンジの目の粗い物はキズの原因にもなりますし、極端に硬い・柔らかい物も使いにくいです。
基本、洗車用スポンジとして販売されている物であれば問題ありませんが、柄付きのスポンジは押さえる力が強くかかってしまうため、キズの原因にもなりますのであまりお奨め出来ません。
また、ホームセンター等で大量に販売されている、コップを洗う?磨く?「メラミンスポンジ」だけは絶対に使用しないで下さい。 黒い車が真っ白になります…
推奨アイテム:ウォッシュスポンジ

【洗車用クロス】
洗車後の拭き上げ時、水洗い時の必需品です。
通常のタオルでは少々硬いと言えますし、吸水性を考えても洗車にはあまり向いていません。
また、PVCのクロスは張り付きが強く、セルローススポンジクロスは耐久性がいまいちです。
そんな中で柔らかさと、吸水性を併せ持つ「マイクロファイバー(超極細繊維)クロス」が理想と言えます。
クロスが硬いと洗車キズの原因にもなりますので、極力柔らかいクロスを選ぶようにしましょう。
推奨アイテム:マルチクロス スーパーファイン】

シャンプー洗車の基本的なやり方 [シャンプー洗車方法] - ①

シャンプー液を作る

バケツに洗車用シャンプーを希釈してよく泡立てます。
市販されている洗車用のシャンプーは、商品によって使用方法が異なり、物によっては原液タイプのシャンプーも存在しますので説明書をよく読んでからご使用下さい。
バケツにシャンプーの原液を先に入れておき、ホースの水流で勢いよく水を注ぎ、しっかりと泡立てておいて下さい。
シャンプーは原液や極力濃い方が汚れが取れやすくなる、とつい思いがちですが実際にはそうではありません。 希釈したシャンプーでも落ちない汚れ(例えば水垢等)は濃い洗車シャンプーでも落とす事が出来ない場合が多く、専用の洗剤が必要になる事がほとんどです。

シャンプー洗車の基本的なやり方 [シャンプー洗車方法] - ②

水かけ・汚れ落とし

水洗い洗車時と全く同じですが、いきなりシャンプーで洗い出すのではなく、まず初めに水をかけて表面に乗っているだけの埃や泥を水流で飛ばします。  乗っているだけの泥や埃を飛ばす事で、洗車キズ(スクラッチキズ)の軽減につながり、水をかける事によって若干固着したような汚れも柔らかくなり浮かす事が出来るので、よりシャンプーによる洗車が楽になります。
基本セオリーはルーフ(天井)部から始めて側面、下面と上から下へと作業します。

シャンプー洗車の基本的なやり方 [シャンプー洗車方法] - ③

ボディ面をシャンプー洗車

①、の工程で作ったシャンプーでボディ面を洗います。 シャンプー液をスポンジにしっかりと染み込ませ、同時にしっかりと泡立てた泡もスポンジに含ませます。
スポンジで擦るように洗うのではなく、しっかりと含ませたシャンプー液と泡をボディ上に絞り、その合わさったシャンプー液を掃くような感じで力を入れず、ボディ面を軽く万遍なく洗って行きます。 ここでスポンジでゴシゴシと擦るように洗車をすると「洗車キズ」がどうしても付いてしまいますので絶対に避けるようにして下さい。
スポンジで洗車する場合も、順番は基本セオリー通り、上面から順に側面から下へと下りてきます。 特に下廻りの方が泥や砂の汚れが強い為後回しにし、比較的綺麗な上の方の面を先に洗っておきます。

シャンプー洗車の基本的なやり方 [シャンプー洗車方法] - ④

足回りをシャンプー洗車

ボディ面のシャンプー洗車が完了したら、足回りの洗車に移ります。 足回りを洗う場合は必ず足回り専用のスポンジを別途用意し、同じスポンジでボディを洗う事がないように注意します。 理想を言えばバケツもボディ用とは分けるべきですが、共用するならば、ボディ→足回り、の順番さえ守ればそんなに問題になる事はありません。 先に足回りを洗ってしまい、そのままのシャンプー液でボディを洗車してしまうと泥や砂、鉄粉までもがふんだんにスポンジについた状態になってしまいますのでご注意ください。
足回りの洗車もボディと同様にしっかりとシャンプー液をスポンジに取り、軽く万遍なく洗います。

シャンプー洗車の基本的なやり方 [シャンプー洗車方法] - ⑤

水かけ・洗剤すすぎ

一通りシャンプーでの洗車が完了しましたら、水をかけてシャンプー液をすすぎます。 シャンプー液が乾かない季節や環境であれば、車全体を作業した後シャンプーをすすぐ作業を行う工程で問題ないのですが、夏場等の気温の高い時期は、「各パーツごとにシャンプーしては流す」をこまめに繰り返し、水分を乾かさないように作業して下さい。
各パーツの隙間等にもシャンプー液が入り込んでいる場合が多いので、ある程度水圧を上げて奥の方に入っているシャンプー液もしっかりとすすいで下さい。

シャンプー洗車の基本的なやり方 [シャンプー洗車方法] - ⑥

水分を拭き上げ

作業内容的には水洗い洗車時と同様です。
シャンプー液を一通り洗い流したら、ボディに付いている水分を拭きあげます。 使用するクロスは、吸水性の良く柔らかいクロスを使用して拭きあげて下さい。 柔らかさと、吸水性を併せ持つ「マイクロファイバー(超極細繊維)クロス」が理想と言えます。
濡れたボディの水分が乾かないよう手早く拭きあげます。  夏場・冬場問わず、炎天下での拭き上げ作業はイオンデポジットと呼ばれる通称ウォータースポットの原因になりますので厳禁です。
また、風の影響の極力受けない場所で作業する方が洗車キズの事を考えても無難です。

関連商品

合わせて読みたい

まず、洗車を行う環境について考えてみる

まず、洗車を行う環境について考えてみる

洗車時の天敵と言えばズバリ、「強い直射日光」と「強い風」です。強い直射日光は、ボディ表面の温度が高くなりすぎて水や洗剤が乾いてしまいます。 WAX等をかける際にもすぐ乾燥してムラになったりしますので注意が必要です。また、強い風も砂や埃を運んできて、せっかく洗車したボディ面に付着してしまうため注意が必要です。 その砂や埃等がふんだんに乗った状態で拭き取りやWAXがけをしてしまうと塗装色によっては恐ろしい状態になります…