トップ > プロが教えるカーケア道場 > 汚れのメカニズムと落とし方 > スクラッチ【洗車キズ】のメカニズムと消し方

スクラッチ【洗車キズ】のメカニズムと消し方

スクラッチ(洗車キズ)を徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

塗装上ではこうなっています

夜、ライトでで照らされたり、太陽が燦々と降り注ぐ下でギラギラ見えるスクラッチ。
車のボディはこのスクラッチが少ないほど、光沢が高く反射率が高く、映り込みが綺麗に見えます。

太陽の周りに丸くキズが見えていると思います。 WAXを掛けるときスポンジを円状に動かして行くとこういうキズが入るのだ、と、見え方から思いがちになりますがが、実はたいていのキズは直線なのです。 太陽の周りや、明かりで照らされた周りが際立って見えるためこういう見え方になります。
また、キズは塗装表面で乱反射して目立つため、その数が多いほど光沢も低くなります。 キズが少ないと乱反射が少ないため、光沢・反射ともにより鏡面に近くなり、綺麗に見えるようになります。 塗装を鏡面にする、磨き作業とはキズを消す事です。
カーケアショップやコーティング施工店で行う鏡面加工とは、すなわちスクラッチ除去作業と言っても良いでしょう。
キズは、塗装の表面が切れた状態になっていますので、光が乱反射され色的に言うと白く見えます。 上のイメージ図で言うと谷の部分が切れた箇所、上の左の写真ではキズが白く乱反射しているのがよくわかると思います。 色のコントラストの関係で、色が濃い車ほど傷が目立つのはそのためで、逆に言うと色の淡い車はどちらかというとあまりキズは目立ちません。
後、クリアがあるのとないのとでも見え方が違います。 例えば黒の塗料に直接キズが入って乱反射する場合はより目立ち、クリア層にキズが入って乱反射する場合は、透明であるクリアにキズが入り、その下に黒の層がある形になるので、多少見え方が変わってくるのです。

原因は粒子状の汚れにあり!

夜、ライトでで照らされたり、太陽が燦々と降り注ぐ下でギラギラ見えるスクラッチ。
スクラッチの原因は主に、洗車の際にスポンジや拭き上げるクロスで粒子状の汚れを引っ張ってしまったり、洗車ブラシや洗車機のブラシ等の塗装より硬い物で擦ったりして、塗装の表面に付けてしまう細い線状のキズです。 大抵の場合、「あっ、キズが入った」と瞬時に認識することはほとんどなく、気付かぬ間に蓄積させていくという場合がほとんどで、一度付けてしまうと磨いて消すまで元には戻りません。 また、塗装表面は想像以上に弾力があり柔らかいものです。 上記の場合以外にも当然ですが、その塗装よりも硬いもので擦ると表面にキズが付きます。
粒子状の汚れ=硬い小さな小石、何かしらの小さな硬い物、と認識して頂ければ良いかと思います。 洗車を行うスポンジから拭き上げるクロス、またWAXやコーティングを掛ける際のスポンジやクロスに粒子状の汚れが付着しているとスクラッチは入ってしまいます。 また、それだけではなく洗車に使用するバケツの底にもこれらが溜まっていることさえあります。
スクラッチが付いてしまう原因は実際単純なので、汚れに気を遣えば極力減らすことは可能になります。 また、よくあるパターンとして、ごく普通のタオル等を水を拭き上げる際に使用したりしているとスクラッチは入ります。 洗車の際には、出来るだけ柔らかい物で、尚且つ吸水性の良いクロスを使用するのが良いと思います。

スクラッチを修復するには

【埋めるか磨くか、両方か】
修復の方法として、大まかに分けてキズを磨いて消してしまうか、キズを埋めてしまうという2通りの方法があります。
プロがスクラッチ除去作業を行う場合は、通常はほぼ前者の磨いての研磨作業を行っています。 埋めてしまう方式を取ってしまうと、上からボディコーティングを施工する際に密着度などの弊害が出たり、後ほど元通りになってしまうため、研磨作業を行う場合がほとんどです。 また、キズを埋めると言われる液剤を使用したり試したりした経験もありますが、あまり期待通りに埋まってくれる液剤はないようです。
ただ研磨作業になると、機械で作業するのが通常で、手作業にて完全にキズを磨いてしまうというのはやや難しいかと思います。
若干埋める作用もありつつ磨けるポリッシングリキッドが存在しますので、磨く・埋める両方の利点を持ったポリッシングリキッドを使用するのが簡単かつ最適ではないでしょうか。

今後の対策を考える

【洗車方法・洗車用品を考える】
洗車方法や洗車用品を正しくすれば、0にならないまでも スクラッチは最小限に抑えられます。

ボディ面に乗った粒子状の汚れをしっかり水の圧で飛ばしてから洗車にかかる。
(泥や埃が残ったままで、スポンジやクロスを走らせない)

下から上へ水は落ちないので、上から下へ。
(埃が混じった水の上を擦らない)

スポンジで洗車する際は、極力擦らない方が良いのでしっかり泡立てた洗車用洗剤で泡を掃くように洗車する。
(あまり強く押さえ過ぎない)

下回りの洗車は最後に回し、基本上面から洗車を行う。
(下回りは特に汚れているものなので、洗うのは最後にしましょう。また、下回り用のスポンジやクロスとして、専用の物を用意するのも良いでしょう)

風のない所で拭きあげを行う。
(埃や砂利は風に乗ってきます。極力屋根のある風のない場所で行うのが良いかと思います)

クロス類は柔らかい物を使用し、必ず清潔な物を使用する。
(クロス類も一つ間違えれば、綺麗にするはずが逆効果になります。ごく普通のタオル等の使用を避け、汚れているものは使用しないようにしましょう)

関連商品

合わせて読みたい

チッピング【飛び石】のメカニズムと対策

チッピング【飛び石】のメカニズムと対策

チッピング(飛び石)を徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

高速走行のみならず、一般道路を走っていても容赦なく飛んでくる飛び石の弾丸!小さくてもその威力はフロントガラス表面をも欠損させます。 飛び石のダメージは、主にのバンパーやボンネットの前廻りや、サイドステップあたりの下廻りによく見られます。上の左側の写真真ん中あたりの凹みが飛び石のダメージのある部分ですが、この写真では塗装の欠けまではなく、どちらかというと陥没してるような飛び石ダメージになっています。 通常よく見られるのは右側のイラストのパターンで、飛び石が飛んできて、塗装面と下塗り部分もろとも欠損させていくパターンです。 イラストのようになると、欠損した部分の塗装がない状態になり、鉄板が見える状況になります。 また、鉄板まで行かずとも下塗りが見える状態になっていることも多く、非常によく目立ちます。 飛び石は黒い車の方が、下地や鉄板が白っぽく見えるようになるために非常に目立ちます。車が汚れていたり、スクラッチが入っていたりすると割とぼやけて分かりにくいのですが、ボディ面を綺麗にすればするほど浮いて出てきたように見え、逆に目立ってしまう場合もあります。 磨きやコーティングに車を預けて戻ってきたら、やたら目立つようになった、といったケースは大抵これで、もともとあったものが増えたのではなく、コントラストがはっきりするようになったために目立つようになったというケースです。

【鉄粉】付着のメカニズムと取り方

【鉄粉】付着のメカニズムと取り方

鉄粉付着を徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

洗車して汚れを落としたはずなのにザラザラする鉄粉。白系の塗装に付くと茶色い粒が見えるほどになる場合もあります。 上の左の画像はボディ面にびっしり付着した鉄粉を、鉄粉除去剤にて除去しているう様子です。鉄粉が除去剤に反応して紫色に溶解しているのが分かります。 右のイラストが鉄粉付着のイメージ図となります。洗車して汚れを落としたはずなのにザラザラする鉄粉。  白系の塗装に付くと粒が茶色のため、目視で茶色い点が見えるほどになる場合もあります。鉄粉が塗装に刺さった状態というのは、酸化鉄が塗装表面にくい込んだ状態の事を指します。 その刺さり具合は、状態によって様々で、表面にこびり付いただけの状態から、深くまでくい込んだ状態までバラバラです。イメージ図の右の方の酸化していない鉄粉の場合は、上に乗っているだけなので引っ付くことはないのですが、酸化してくると(錆びてくると)引っ付いたりくい込んだりします。 初めは小さな鉄の粉がボディ面に乗っただけの状態ですが、それが時間の経過とともに錆びてくい込むのが鉄粉付着のメカニズムです。 その付着するメカニズム上、錆びるまでの時間は必要なので、上を向いている面(ボンネット・屋根・トランク等)よりは、車両のサイド面(ドアやフェンダー辺り)や下廻りにはどちらかというと付きにくい傾向にあります。 サイド面や下廻りは錆びる前の鉄の粉が滞在しにくく、逆に上を向いている面は鉄の粉がその場に留まりやすいのでこういう傾向になります。鉄粉が刺さる、とよく言いますが、厳密に言うと空中にある鋭利な鉄粉が直接ボディに刺さるのではなく、ボディに粉の状態で乗った後、錆びて引っ付くという事になります。付着してしまうと、自然に取れることはほとんどなく、撤去作業が必要になります。また、どんなコーティングを施工していても鉄粉は一番上に付着するものなので、コーティング施工の有無に限らず付着します。

【樹脂劣化】のメカニズムと修復方法

【樹脂劣化】のメカニズムと修復方法

樹脂劣化を徹底検証 ダメージを受ける原因・メカニズムと修復方法を知る

無塗装の樹脂類は、古くなると表面に艶がなくなりボケてきます。 塗装とは違い劣化スピードは早目です。輸入車や商用車等によく使われている未塗装の樹脂パーツは、表面に塗装されていいないということもあり劣化が思いのほか早い段階から起こってきます。 未塗装樹脂が使用されているパーツは車によってまちまちですが、バンパーが丸ごと未塗装樹脂だったり、バンパーやドアの真ん中あたりのモールが未塗装樹脂だったりします。 表面は、シボ模様(小さい凸凹模様)の物も多いですが、艶消しの表面をしているものもあります。 これらのパーツが多く使われている車両は、樹脂パーツが劣化してくると車自体も劣化してきたように見えてしまい締まりなく見えてしまいます。  また、劣化の進行度合いにもよりますが、最終的には表面がボロボロと粉をふいたようになってしまい、塗装で言うところのチョーキングのようになります。 劣化が進行してくると、塗装がない分磨くわけにはいかず、コーティング剤で綺麗に見せるような補修方法になります。 劣化とは異なりますが、樹脂パーツはシボ模様の物が多く使われており、よくWAXやコーティング剤をシボの凸凹の隙間に詰めているのをよく見かけます。 これも車が締まりなく見える原因になりますので、放置せずに着いたらすぐ取るようにするのが良いかと思います。