トップ > プロが教えるカーケア道場 > 車塗装の仕組み > 【ソリッド塗装(2コート)】の断面イメージと特徴

【ソリッド塗装(2コート)】の断面イメージと特徴

一見は単色のソリッド塗装ですが、トップコートにクリア塗装をしてあります。

ソリッド塗装(2コート)イメージ図

ソリッド塗装の中でも、トップコートにクリアー塗装がされている塗装を2コート(ツーコート)のソリッド塗装と言います。 一般的には、単色ソリッドも2コートソリッドもソリッドと呼びますので紛らわしいですが、パッと見た目は同じに見えます。
トップコートにクリア塗装を塗装されている塗装全般に言える事ですが、カラー塗装の層までに透明なクリアー層がありますので、単色の同じ色と比べるとキズやダメージが目立ちにくい感じがします。 キズを受けたり色々なボディダメージを受けるのはトップコートであるクリア層の表面で、実際に色の付いているカラー塗装の層はさらに下にあることになりますので、見え方に若干の差が出ます。 とは言え、塗装膜厚はせいぜい数十ミクロンなので、見え方が少し変わる程度ではないでしょうか。
最近の車の塗装のソリッドカラーは、2コートのソリッドが圧倒的に多いです。

合わせて読みたい

【ソリッド塗装(単色)】の断面イメージと特徴

【ソリッド塗装(単色)】の断面イメージと特徴

下塗りの上にカラー塗装のシンプルな構成の塗装です。商用のバン等もこの塗装の車が多いです。

ソリッド塗装とは、基本的にカラー塗料の中にメタリックのフレークやパールが含まれていない塗料を塗られた塗装の事を指します。 例えば白、赤、青、黄などの、単一の色目のボディーカラーがソリッドにあたります。 単一色目の色だけ塗装されたものを、一般的にソリッドと呼びますが、この単一色目の色だけ塗装された上にクリアーが塗装されている2コートのソリッド塗装も総称してソリッドカラーとは呼ばれる事が多いです。 最近のはどちらかと言えば単色であるソリッドよりも2コートのソリッドを塗装されている車の方が多くなってきています。 パッと見た目の違いはトップコートのクリアー塗装があるかないかだけなので、違いを瞬時に判断しかねる事が多いですが、表面をポリッシングリキッド等の研磨剤で磨けばその違いはすぐにわかります。 ソリッドカラー(単色)の場合は、機械で磨くときに使用するバフや、手で磨いた際に使用したクロスに必ずその色が付いてきます。 例えば、赤のソリッド(単色)ならばバフやクロスは真っ赤になります。 ただ、トップコートにクリア塗装をされている車でも、バフやクロスにクリアの透明な塗装が付着しているのですが、透明で見えないだけで実際にはバフやクロスに塗料が付いてきています。 塗装面に、スクラッチキズやその他塗装ダメージを受けた際に色の上に直接付くことになりますので、クリア塗装層のあるその他のカラーよりもそれらが目立ちやすいとは言えます。

【メタリック塗装】の断面イメージと特徴

【メタリック塗装】の断面イメージと特徴

シルバーメタリックに代表される塗装色です。カラー塗料の中にキラキラのフレークが入っている塗料です。

メタリック塗装のメタリックとは微粒なアルミフレーク(アルミの粉)の事です。 このメタリックのフレークにはサイズや色などの種類が非常にたくさんあり、通常のカラーの中にフレークを混ぜて塗装された塗装をメタリック塗装と呼んでいます。 身近で典型的なものはシルバーメタリック。 薄いグレーの中に銀のメタリックフレークを混ぜて塗装され、その上にクリア塗装をされた塗装がシルバーメタリックになります。   メタリックのフレークとカラーの組み合わせで構成されるメタリック塗装は、光に反射してキラキラと輝きます。 一見ソリッドかな、と思わせる塗装でも太陽の下や電灯の下で見るとフレークが見え、実はメタリックだったというのはよくある話です。 後に出てきますパールカラーとの違いは混ぜられているフレークの違いで、混ぜられている粒子の違いで区別されています。 必ずメタリック部分の上にクリア塗装のトップコートが塗装されていますが、これはメタリック部分に混ぜられているアルミフレークの酸化・劣化防止に必ず塗装されています。