エバーグレイス | 普通の洗車とは一味違う洗車術の情報サイト /// カーケア用品・洗車用品とボディコーティングの専門ショップ
ホーム 商品一覧 カートの中を見る カーケア道場 プロの施工技術 ボディ磨きの極意

キーワード

価格範囲
円〜
エバーグレイスコーティングアーツ岡山

当店は岡山にて「カーコーティングの専門店 EverGrace CoatingArts(エバーグレイス コーティングアーツ)」と併設営業しております。
店舗ではコーティングに熟知した専門スタッフがボディコーティング施工を中心に、、皆様のカーケアライフのお手伝いをさせて頂きます。
>> 詳しくはこちらをご覧ください。
店舗ホームページはこちら
>> エバーグレイス コーティングアーツ
http://www.evergrace-ca.com/

◆ 取り扱いコーティング
モデスタ
誇り高き日本の技術力と、歴史ある最高級のディテールメゾットを融合。 
モデスタは世界中で結果をコミットするボディケアシステムです。
>> Modessta WEB ページはこちら
http://www.modesta.jp/

ログイン
会員に登録(無料)してお買い物をするとポイントが貯まります。  貯まったポイントは、次回以降のお買い物にご利用頂け、面倒なご住所の入力などが不要になります。 是非ご利用下さい。

メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]  

スペーサー
お徳用セット
ポリッシングリキッド
クロス
洗剤
ウォータースポット除去剤
鳥糞・虫死骸除去剤
鉄粉除去剤
ピッチ・タール除去剤
ウインドウガラス用油膜除去
スポンジ
その他機材類
ボディコーティング剤
ウインドウガラス用コーティング剤
樹脂パーツ・ホイール用コーティング剤
ボディトリートメント
超撥水ボディコーティング

超簡単施工で、抜群の光沢と表面のあらゆる物質をスリップさせるガラスの被膜で、ウインドウガラス撥水との比較でも遜色ないボディコーティング最高クラスの超撥水性能を実現!
撥水好きなら誰しも考えた事がある「ウインドウガラス撥水コーティングのような超撥水がボディに施工出来たら…」、そんな要望にお応えします!
【ボディ用 超撥水ガラスコーティング】
>> サーフィスリップ 50ml
>> サーフィスリップ 100ml
>> サーフィスリップ 200ml

スペーサー
プロが教える洗車の方法

一言に「洗車」、と言っても洗車を行う人により洗車方法は実に様々で、非常に奥深いものでもあります。  こちらでは、「プロが教える洗車の方法」と称し、出来るだけ分かりやすく、各パートごとにご紹介しております。
※ 順次コンテンツ追加予定
【プロが教える洗車の方法】
>> 洗車基本編
>> 洗車応用編
>> コーティング編
>> 日常のお手入れ編

スペーサー
特殊酸性クリーナー・ホイールクリーナー

こんな洗剤見た事ない!!
ついに登場、特殊酸性タイプのマルチ洗浄剤です!
ブレーキダストのこびり付き・焼き付き、パーツの隙間に付く黒ずみに強烈に作用し、驚くほど簡単に除去出来ます。 
【特殊酸性クリーナー・ホイールクリーナー】
>> サンストライク 100ml
>> サンストライク 50ml

スペーサー
愛車をダメージから守る方法を伝授

ボディを襲う各ダメージのメカニズムを知り尽くしたカーケアのプロの解説付きで、愛車を守りきる方法を伝授致します。
>> プロテクション道場

ご利用規約
プライバシーポリシー
特定商取引法に基づく表記
お支払い・配送について
お問合せフォーム
リンクについて
<<< 前のページに戻る  

カーケアプロの施工技術

日本中のどこの街にもあるカーケアショップ。 そのカーケアショップにも各得意分野・主軸になる業種があるかと思います。 例えば、カーフィルムをメインにしているとか、ガラスの補修等の作業をメインにしているとか、内装クリーニング専門であるとか、車のクリーニングが専門であるとか、コーティング施工が専門であるとか、実に様々です。
その中でも ボディ磨きに特化した業種といえばコーティング施工業です。 ユーザー様からお預かりしたお車に、コーティングを施工して料金を頂戴するのがコーティングプロですが、その作業内容は、コーティングを塗布するだけではなく一連の下地作業すべてひっくるめてコーティング施工作業となります。
特に中古車のコーティングには必ず下地処理と呼ばれる「ボディ磨き」作業があり、その「下地処理」の出来の良し悪しによって、仕上がりのクオリティまで変わってきます。 と同時に、仕上がりのクオリティすべてが即商品の価値として判断されます。  また、誰が施工しても同じようになるわけではなく、ちゃんとした技術を身につけていないと商品価値が低いと判断されますので、ユーザー様にそう判断されてしまうとコーティング施工店としては致命的です。 そのことから、特にコーティング施工プロには他店との技術力の競争意識も高く、ボディ磨きにこだわりを持たれている方が多いと言えます。
こちらのコーナーでは、そんなコーティングプロが実際に行っているコーティングの工程の流れをご紹介していきます。
ちなみに工程のご紹介ではポリッシャー等の機械までは使用していません。 できるだけユーザー様自身でも作業が出来る形に則したライトな方向で進めています。

その他、ボディ面に付いたキズ・汚れ・様々なダメージのメカニズムや修復の方法・対策をカーケア道場にて詳しく解説しています。
大切なお車のカーケアライフに是非お役立てください。

下地処理からコーティングまで

下地からコーティングまでの各工程

洗車

洗車して泥汚れや埃、付着物を落とし、下地処理を行いやすい状態にします。

  1. シャンプーで洗車
  2. 付着物(鉄粉)を除去

下地処理

水垢や塗装のくすみ、スクラッチと呼ばれる洗車キズを除去して艶を出し、新車の状態にできるだけ近づけます。また、塗装に受けたダメージもこの工程で除去します。
通常カーケアプロはポリッシャーと呼ばれる機械でこの下地処理作業を行いますが、ポイントさえ掴めばある程度はご自身の手でも行うことが出来、その方法をご紹介しています。
また、別ページにて効率よく車を綺麗に見せるポイントをご紹介しております。
ポイントを抑えた「ボディ磨き」はこちらからご覧いただけます。

  1. 細部に付いた水垢や黒ずみを除去
  2. 付着物(ピッチ)を除去
  3. 付着物(虫の死骸)を除去
  4. 各パーツの汚れを落とし、艶を戻します
  5. ボディ表面の水垢落とし+艶出し

プロは上の写真のような機材を使用して、ボディ面の艶出しから水垢除去まで行います。
ポリッシャーやバフ、研磨剤にいたるまで、まだまだ色々な機材がありますが、使用するプロの好みであったり磨き方でチョイスする道具が変わってきます。 機械で量産されるものではなく、人の手によってクオリティが左右されるのが、良くも悪くも一つの特徴です。 また、その分奥がかなり深いとも言えます。 また、一般の方にはどこをどうやっているのか見えにくい部分もあるかと思いますので、追々、「機械を使用した完全なプロの技術」「プロ技術の深いところまで」等を題材にしたコーナーも設けてご紹介して行きたいと考えております。

脱脂

下地処理時に使用したコンパウンド(研磨剤)を除去し、コーティングの密着を良くするため、油分を取ります。
脱脂とは、その名の通り油分を取る作業です。
油分を取ることによって、コーティングやワックスの定着が良くなります。
脱脂作業は、脱脂剤と呼ばれる脱脂専用の液剤で行う場合と、洗車にて洗剤で洗い流して行う場合とがあります。
脱脂作業の後は、水気も綺麗に拭きあげ、不純物がなるべく付かないように し、コーティング作業に移ります。




※施工するコーティング剤によってベストな脱脂方法は異なります。
ご使用のコーティング剤の施工手順に従って脱脂するのがベストです。

コーティング

下地処理が完成し、脱脂作業も終了したら、いよいよコーティング作業にとりかかります。
コーティングやワックス施工は、濃色車になればなるほどムラになりやすいため、難易度が増していく傾向にあります。
現段階でも、数え切れないほどの系統、銘柄のコート剤があり、ベストなものを選ぶのが非常に困難な状況です。
「コーティングあれこれ…」のコーナーでは、そういった数あるコーティング液剤の見分け方をご案内しておりますのでご参考になさって下さい。




※施工するコーティング剤によって施工方法は異なります。
ご使用のコーティング剤の施工手順に従って施工するのがベストです。

 
<<< 前のページに戻る