ホイールクリーニング(欧州車・外車のホイール)

外車はブレーキダストの量が特に多く、特にBMWのアルミホイールやベンツのアルミホイール等に代表されるような欧州車のアルミホイールにはブレーキダストが強烈にこびり付き、通常の洗浄方法ではなかなか思うようには落ちてくれません。
何種類かの洗剤の合わせ技が大変有効で、ここではその方法を解説いたします。
今回はブレーキダストがこびり付いた、BMWのアルミホイールを洗浄致します。

輸入車ブレーキダスト固着

① ブレーキダスト固着の確認

まず、ブレーキダスト量・こびり付き具合を確認します。
写真のホイールは、BMWのアルミホイールです。 見ての通り、ガッツリとブレーキダストが固着していそうです。


スーパーウォッシュを噴霧

② スーパーウォッシュを噴霧

ブレーキダストが付着している部分にスーパーウォッシュを直接噴霧し、1分程度置き、液剤を馴染ませます。
表面上に浮いているブレーキダストを落とすとともに、スーパーウォッシュの持つ油分分解成分を発揮して、油を含んだ輸入車のブレーキダストを分解します。
外車のブレーキダストは、油分を多く含んでいます。 最初に、アルカリ性の洗剤で油分を分解する事で後からの作業を容易にしています。
使用液剤:スーパーウォッシュ(アルカリ性洗剤)


ホイール洗浄

③ スポンジでのブレーキダスト除去作業

アルカリ性洗剤で油分を分解させ、浮いてきたブレーキダストをスポンジで擦って落とします。


ホイール水洗浄・確認

④ 水洗い・ブレーキダスト焼き付き確認

一度洗剤を水で流して再確認します。 (写真は水洗いした後)
写真のホイールでは、焼き付きがとても酷く、アルカリ性の洗剤のみでは全く歯が立たないようです…
※液剤が混ざらないように、スーパーウォッシュ(アルカリ性洗剤)をしっかりと水で洗い流して下さい。


酸性クリーナー使用

⑤ サンストライクを筆に取ります

サンストライク(酸性クリーナー)を筆に取り、ホイールの焼き付きに対して使用します。
筆に液剤を馴染ませて使用する事で、経済的に使用できます。
※形状により異なりますが、ホイール1本、約2~3cc程度使用
使用する筆は、百均等で売ってある安い筆で問題ありません。 (あまり固いのはNG)
※必ず手袋を着用して液剤をご利用ください。
※液剤が混ざらないように、スーパーウォッシュ(アルカリ性洗剤)をしっかりと水で洗い流して下さい。
使用液剤:サンストライク(ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー)


ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー使用1

⑥ サンストライク(ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー)使用開始-1

ブレーキダストが焼き付いて固着してしまった部分に対して、液剤を馴染ませて行きます。
使用液剤:サンストライク(ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー)


ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー使用2

⑦ サンストライク(ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー)使用開始-2

液剤が馴染んできますと、徐々にブレーキダストの焼き付きが分解されて溶けてきます。
使用液剤:サンストライク(ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー)


ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー使用3

⑧ サンストライク(ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー)使用開始-3

固着していたブレーキダストが、ほぼ分解されて液状に溶けだしてきました。
使用液剤:サンストライク(ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー)


ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー使用4

⑨ サンストライク(ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー)使用開始-4

筆を使用してホイール洗浄を行う事で、様々な形状のホイールの形に対し、効果的に攻める事が出来ます。
写真のような狭い個所はスポンジでうまく届かず、汚れが残りがちになってしまいがちですが、筆であれば狭い隙間も十分に液剤を馴染ませることが出来ます。

使用液剤:サンストライク(ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー)


ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー使用5

⑩ サンストライク(ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー)使用開始-5

通常では、ほぼ洗えないような写真のようなボルト穴の中の隙間なども、サンストライクと筆の組み合わせであれば簡単に汚れ落としが可能です。 液剤を馴染ませるだけで、簡単にブレーキダストの固着を落とせる分解力の強いホイールクリーナだからこそ実現できる技なのかも知れません。
使用液剤:サンストライク(ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー)


ホイール水洗浄

⑪ 再度水洗い・ブレーキダスト焼き付き確認

使用したサンストライク(ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー)を乾かないうちにしっかりと水で洗い流して、ブレーキダストの焼き付きの残りを確認します。
※液剤が混ざらないように、サンストライク(ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー)をしっかりと水で洗い流して下さい。


ブレーキダスト固着残りを確認

⑫ ブレーキダスト固着残りを確認

写真で黒い粒々がご確認いただけますでしょうか。
目立つブレーキダストの固着や焼き付きは取れましたが、塗装に刺さっている鉄粉の部分の頑固な物は若干の残りが粒々として確認できます。
この若干残ったブレーキダストには、アイアンドロップ(鉄粉除去洗剤)を使用して落として行きます。
※液剤が混ざらないように、サンストライク(ホイールクリーナー・酸性マルチクリーナー)をしっかりと水で洗い流して下さい。
使用液剤:アイアンドロップ(鉄粉除去洗剤)


アイアンドロップ(鉄粉除去剤)使用開始1

⑬ アイアンドロップ(鉄粉除去剤)使用開始-1

アイアンドロップ(鉄粉除去洗剤)を使用して残りの鉄粉を溶かして行きます。
※鉄粉除去剤は、酸性クリーナーを使用する前や通常時では最大限の効果を発揮できません。
実はあまり知られていませんが、酸性クリーナーで表面を溶解されたブレーキダスト(鉄粉)に対しては、チオグリコール酸アンモニウム系の鉄粉除去剤が驚くほど強烈に効きます。(あくまでも体感ですが通常時の2~3倍の鉄粉分解効果を感じます)
ホイール洗浄の始めの方に使用するよりも、このタイミングで使用するのがより効果的です。

使用液剤:アイアンドロップ(鉄粉除去洗剤)


アイアンドロップ(鉄粉除去剤)使用開始2

⑭ アイアンドロップ(鉄粉除去剤)使用開始-2

アイアンドロップ(鉄粉除去洗剤)を使用して残りの鉄粉が溶けきましたら、スポンジで擦って鉄粉を落とします。
※筆を使用するもの効果的です。

使用液剤:アイアンドロップ(鉄粉除去洗剤)


ネンドで最終除去

⑮ アイアンドロップ(鉄粉除去剤)使用開始-効果を高め、液剤量を節約するための工夫

上記画像のように、液剤を対象物に塗布後ペーパー等で液剤の流れ落ちを防ぎ、アイアンドロップを極力乾かさないように工夫する事で効果が高まり、さらに液量も節約できます。
※サンストライクにて除去しきれなかった黒い粒のブレーキダストの固着に大変効果的な除去方法です。
流れてしまいがちな鉄粉除去剤をその場に極力長く留めておくことで効果が非常に高くなり、放置時間後にペーパーを取り去ると黒い粒が消える、もしくは非常に小さくなっています。
(あくまでも固着度合い・状況により効果は変わります)
ホイールの状況や素材にもよりますが、10~15分程液剤に浸す事もあります。 
使用液剤:アイアンドロップ(鉄粉除去洗剤)

ネンドで最終除去

⑯ トラップネンドで除去

最終的に、アイアンドロップでも溶かしきれなかった鉄粉を、優しくトラップネンドを使用して除去します。
各種液剤で弱くなった鉄粉は、あまり力を入れずとも落とせる場合がほとんどですので、ホイールを傷付けないように作業して下さい。
※アイアンドロップとネンドを混ぜてしまうと、ネンドが柔らかくなり鉄粉除去能力が落ちますので、アイアンドロップを洗い流してからネンド作業を行って下さい。 
使用機材:トラップクレイ(鉄粉除去用トラップネンド)


ブレーキダスト除去完成

⑰ ブレーキダスト除去完成

最終的に使用した液剤が残らないよう、しっかりと十分の水で洗い流して完成です。
各種液剤の持つ特性を最大限活用した使用方法で、ガッツリと固着してしまった輸入車のブレーキダストでも、いとも簡単に除去出来ます。


ブレーキダスト除去完成2

⑱ 作業完了

このページ一番上の写真のBMWのアルミホイールの洗浄後の写真です。
ご存知の方も多いかとは思いますが、輸入車、特にメルセデスベンツやBMWに代表されるような欧州車のホイールに付くブレーキダストはかなり強烈であり、一筋縄では綺麗になりません。
プロも行っているこの作業方法を、是非お試しください。


・サンストライクの除去パワー!

※ こちらの動画は無音です。

・BMWのホイールブレーキダスト除去作業!

※ こちらの動画は無音です。

 

エバーグレイスのお奨めケミカル!

超撥水コーティング イオンデポジット除去剤

●超簡単施工で、抜群の光沢と表面のあらゆる物質をスリップさせるガラスの被膜で、ウインドウガラス撥水との比較でも遜色ないボディコーティング最高クラスの超撥水性能を実現!
撥水好きなら誰しも考えた事がある「ウインドウガラス撥水コーティングのような超撥水がボディに施工出来たら…」、そんな要望にお応えします!
【ボディ用 超撥水ガラスコーティング】
>> サーフィスリップ 50ml
>> サーフィスリップ 100ml
>> サーフィスリップ 200ml

●塗装面やウインドウガラス面に付着するイオンデポジット(通称ウォータースポット)は、雨水や水道水に含まれる、さまざまな成分が、水分の蒸発に伴って析出されたもの。
液剤の力でイオンデポジットを強力に分解し、驚くほど簡単に除去します。
また、ウォータースポットが付きがちな、ガラスコーティング施工車にもお使いいただけます。
 >> ウォータースポット除去剤各種
 

 

ホイールクリーナー マイスターグロス

●ついに登場!! 特殊酸性タイプのマルチ洗浄剤です。 水垢に代表されるような油脂系の 汚れにはアルカリタイプのクリーナーが効果的ですが、「ブレーキダストのこびり付き・焼き付き」「パーツの隙間に付くカルシウム系の黒ずみ」には酸性タイ プのクリーナーが効果的です。  対象物に対し、強烈に作用し、驚くほど簡単に除去出来ます。
>>商品詳細ページはこちら

●いかなる場面においても 絶大な威力を発揮するスーパーケミカル。
その秘密は研磨粒子にあり、品質の高い高硬度特殊アルミナを使用 し、適度な研磨力をもちながらも鏡面まで仕上げる事が可能で、仕上がり後の光沢はまさに絶品です。
それから、頑固にこびりついた水垢や汚れ、付着物も簡単に除去でき、艶の出にくい白色の塗装もピカピカになります。
>>商品詳細ページはこちら

   
リアルガラスコーティング  

●ウォーターフュージョンは、リアルガラスの被膜を驚くほど簡単な工程で実現できる新発想のコーティング剤です。
ボディ表面に水分が若干残った状態で塗布が可能で、濡らして絞ったマイクロファイバーのクロスに本液を吹き付け、それを塗布しながら拭き上げるだけで膜厚感のある被膜が実現します。
>>商品詳細ページはこちら